17日に函館競馬場で行われる函館2歳S(2歳・GIII・芝1200m)について血統・種牡馬別に検証していく。

 過去10年で最多となる3回の馬券絡みがダイワメジャー。2回でキンシャサノキセキ、マツリダゴッホが続く。表のとおり好走種牡馬は幅広く、新種牡馬の産駒も活躍しやすい傾向にある。

 キンシャサノキセキ産駒は[1-1-0-5]。16年2着モンドキャンノ、17年1着カシアス、好走した2頭はどちらも1人気に支持されていた牡馬。一方で、19年には牝馬のレッドヴェイパーが1人気ながら5着に敗れている。今年は牝馬のカイカノキセキが上位人気と目されるため、改めて真価を問われることになりそうだ。

 カレンブラックヒル産駒は[0-0-1-2]。JRA所属馬は昨年が初出走となり、リメスが8人気6着、ラヴケリーが3人気3着と2頭とも人気以上の着順で入線していた。カレンブラックヒルの父ダイワメジャーは勝ち馬を出せていないものの、最多となる好走数を記録しているだけに、今後の動向に注目していきたい種牡馬と言えるだろう。今年はイチローイチローが該当する。

 初出走となるシルバーステート産駒はベルウッドブラボー、メリトクラシー、リトスの3頭が出走予定。現在、シルバーステートは2歳リーディングサイアーとして座しており、ディープインパクトの後継種牡馬としての期待も高まりつつある。なお、ディープインパクト系は[2-0-0-3]という成績を残しており、15年ブランボヌール(父ディープインパクト)、19年ビアンフェ(父キズナ)が姉弟制覇を果たしていた。