現地時間17日、アメリカのモンマスパーク競馬場でG1・ハスケルステークス(3歳・ダ1800m・7頭立て)が行われた。

 道中は好位を並んで追走した1番人気ホットロッドチャーリー(Hot Rod Charlie、牡3、F.プラ騎手)と、2番人気マンダルーン(Mandaloun、牡3、F.ジェルー騎手)。直線でホットロッドチャーリーが外から、マンダルーンが内から脚を伸ばし、一騎打ちの態勢。この追い比べはホットロッドチャーリーがハナ差制した。

 しかし直線でホットロッドチャーリーが、内のマンダルーンへ馬体を併せに行った際、後方にいた4番人気ミッドナイトバーボン(牡3、P.ロペス騎手)がつまずいて騎手が落馬、競走中止。ホットロッドチャーリーは走行妨害で失格、マンダルーンが繰り上がりでの優勝となった。勝ちタイムは1分47秒38(良)。

 マンダルーンから18.1/4馬身離れた2着には、3番人気フォローイングシー(牡3、J.ロザリオ騎手)が繰り上がった。

 アメリカの降着・失格の基準は日本の旧制度に相当し、「走行妨害によって被害馬の着順に影響が出た」と裁決委員が判断した場合には、加害馬は被害馬の後ろに降着、または失格となる。

 マンダルーンは父Into Mischief、母Brooch、母の父エンパイアメーカーという血統。アメリカのB.コックス厩舎の管理馬。

 同馬は2走前のケンタッキーダービー(米G1)で2着となったが、このレースでは1着馬メディーナスピリットが薬物問題で係争中のため、こちらも1位入線失格による繰り上がり優勝の可能性がある。現時点の通算成績は8戦5勝。重賞は今年のリズンスターS(米G2)に続き2勝目。

 ホットロッドチャーリーは父Oxbow、母Indian Miss、母の父Indian Charlieという血統。アメリカのD.オニール厩舎の管理馬。通算成績は10戦2勝。2走前はケンタッキーダービー3着、前走はベルモントS(米G1)2着だった。