20日、金沢競馬場で行われた第65回MRO金賞(3歳・重賞・ダ1900m・1着賞金400万円)は、中団前でレースを進めた吉村智洋騎手騎乗の2番人気シェナキング(牡3、兵庫・山口浩幸厩舎)が4コーナーで一気に先頭に立つと、直後から迫りくる3番人気ベニスビーチ(牝3、金沢・中川雅之厩舎)との叩き合いを制し、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分2秒7(良)。

 さらに4馬身差の3着に1番人気アイバンホー(牡3、金沢・金田一昌厩舎)が入った。

 勝ったシェナキングは、父ベルシャザール、母メデタイメデタイ、その父クロフネという血統。このレースを勝って重賞2勝目を果たした。通算成績はこれで16戦6勝。