22日、浦和競馬場で行われた第4回プラチナC(3歳上・重賞・ダ1400m・1着賞金1200万円)は、好位でレースを進めた矢野貴之騎手騎乗の5番人気アンティノウス(セ7、大井・藤田輝信厩舎)が、4コーナーで先頭に立って押し切り、2着の2番人気ダノンレジーナ(牝5、浦和・小久保智厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分26秒7(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に4番人気マムティキング(牡5、大井・荒井朋弘厩舎)が入った。なお、1番人気ベストマッチョ(セ8、川崎・佐々木仁厩舎)は5着に終わった。

 勝ったアンティノウスは、父クロフネ、母ミクロコスモス、その父ネオユニヴァースという血統。これが待望の重賞初制覇となった。