21日、新潟競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1200m・17頭)は、先手を取ったM.デムーロ騎手騎乗の1番人気ジャスパークローネ(牡2、栗東・森秀行厩舎)が、そのままゴールまで押し切り、追い込んだ15番人気ローズブルーム(牝2、美浦・石栗龍彦厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒5(良)。

 さらにアタマ馬身差の3着に11番人気ドリップ(牡2、美浦・稲垣幸雄厩舎)が入った。なお、3番人気ベルベリス(牝2、美浦・高橋文雅厩舎)は5着、2番人気セントイライアス(牝2、美浦・萱野浩二厩舎)は12着に終わった。

 勝ったジャスパークローネは、父Frosted、母Fancy Kitten、その父Kitten's Joyという血統の米国産馬。