現地時間19日、スノーフォール(Snowfall、牝3、愛・A.オブライエン厩舎)が優勝したヨークシャーオークスの結果を受け、欧州ブックメーカー各社の凱旋門賞(10月3日・仏G1)の前売りオッズが変動。

 愛ブックメーカー『Paddy Power』は、戦前までアダイヤー(牡3、英・C.アップルビー厩舎)と並んで1番人気タイの単勝4.5倍としていたスノーフォールのオッズを、単独1番人気の3.25倍まで引き下げた。

 英ダービーとキングジョージを制したアダイヤーに続くのは、G1・3勝含む重賞5連勝中のタルナワ(牝5、愛・D.ウェルド厩舎)に、愛ダービーとパリ大賞を制したハリケーンレーン(牡3、英・C.アップルビー厩舎)。

 18日のインターナショナルSを6馬身差で圧勝したミシュリフ(牡4、英・J&T.ゴスデン厩舎)も人気が回復。一方、ヨークシャーオークス4着のワンダフルトゥナイト(牝4、英・D.ムニュイジエ厩舎)や、インターナショナルS3着のラブ(牝4、愛・A.オブライエン厩舎)は、上位人気からやや後退している。

 日本時間21日時点『Paddy Power』の凱旋門賞上位人気は下記のとおり。

3.25 スノーフォール
4.5 アダイヤー
6.0 タルナワ
8.0 ハリケーンレーン
11.0 セントマークスバシリカ
13.0 ミシュリフ
13.0 ワンダフルトゥナイト
15.0 クロノジェネシス
21.0 ラブ
21.0 ジョアンオブアーク