22日、小倉競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1200m・14頭)は、2番手でレースを進めた鮫島克駿騎手騎乗の7番人気タイセイブリリオ(牡2、栗東・大橋勇樹厩舎)が、3〜4コーナー中間で先頭に立ってゴールまで押し切り、馬群の間から追い込んだ1番人気ダノンアーリー(牡2、栗東・安田隆行厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分09秒8(稍重)。

 さらに3/4馬身差の3着に、サイバーエージェント社長・藤田晋氏がオーナーの3番人気ジャングロ(牡2、栗東・森秀行厩舎)が入った。なお、2番人気デヴィルズマーブル(牡2、栗東・斉藤崇史厩舎)は5着に終わった。

 勝ったタイセイブリリオは、父ディープブリランテ、母メリオール、その父キングカメハメハという血統。