22日、札幌競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・9頭)は、好位のインでレースを進めた横山典弘騎手騎乗の4番人気スカイフォール(牡2、栗東・昆貢厩舎)が、ロスなくラチ沿いを取ってゴール前で抜け出し、2着の5番人気メイケイバートン(牡2、栗東・中竹和也厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分51秒6(良)。

 さらに3/4馬身差の3着に1番人気レッドランメルト(牡2、美浦・国枝栄厩舎)が入った。なお、2番人気ハリウッドフェーム(牡2、美浦・栗田徹厩舎)は4着、3番人気ベルマレット(牝2、栗東・矢作芳人厩舎)は5着に終わった。

 勝ったスカイフォールは、父キングカメハメハ、母ギーニョ、その父サンデーサイレンスという血統。セレクトセールにて6160万円で取引された。