28日、新潟競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・15頭)は、好位のインに控えたC.ルメール騎手騎乗の2番人気イクイノックス(牡2、美浦・岩戸孝樹厩舎)が、直線で先頭に立って後続を突き放し、2着の8番人気メンアットワーク(牡2、美浦・斎藤誠厩舎)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分47秒4(良)。

 さらに1馬身差の3着に4番人気サークルオブライフ(牝2、美浦・国枝栄厩舎)が入った。なお、1番人気サトノヘリオス(牡2、栗東・友道康夫厩舎)は4着、3番人気キングズパレス(牡2、美浦・戸田博文厩舎)は9着に終わった。

 勝ったイクイノックスは、父キタサンブラック、母シャトーブランシュ、その父キングヘイローという血統。半兄に今年のラジオNIKKEI賞覇者ヴァイスメテオールがいる。