29日、小倉競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・14頭)は、中団でレースを進めた秋山真一郎騎手騎乗の4番人気マテンロウスカイ(牡2、栗東・松永幹夫厩舎)が、直線で追い出されると一気に突き抜け、大外から追った6番人気シホノスペランツァ(牡2、栗東・寺島良厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分0秒9(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に7番人気ソレジャートポスト(牡2、栗東・高柳大輔厩舎)が入った。なお、2番人気ロックバウンド(牡2、栗東・松永昌博厩舎)は5着、3番人気グロズニーグラード(牡2、栗東・橋口慎介厩舎)は7着、1番人気スリーエクセレント(牡2、栗東・藤岡健一厩舎)は11着に終わった。

 勝ったマテンロウスカイは、父モーリス、母レッドラヴィータ、その父スペシャルウィークという血統。