29日、小倉競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・芝1200m・8頭)は、2番手につけた永島まなみ騎手騎乗の3番人気ホワイトターフ(牝2、栗東・新谷功一厩舎)が、4コーナーで先頭に立って押し切り、2着の2番人気ダテボレアス(牡2、栗東・西園正都厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒8(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に1番人気フジタ(牡2、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。

 勝ったホワイトターフは、父ゴールドシップ、母ピッツネイル、その父クロフネという血統。