4日、小倉競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1200m・13頭)は、好位のインでレースを進めた浜中俊騎手騎乗の3番人気ダークペイジ(牝2、栗東・吉村圭司厩舎)が、逃げ粘る8番人気スマイルムーン(牝2、栗東・牧浦充徳厩舎)を直線で交わして先頭に立ち、これに1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分09秒8(稍重)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に10番人気シンリミテス(牡2、栗東・大根田裕之厩舎)が入った。なお、2番人気ヨーデル(牡2、栗東・森秀行厩舎)は8着、1番人気メルヴィル(牝2、栗東・音無秀孝厩舎)は12着に終わった。

 勝ったダークペイジは、父Dark Angel、母グレイトペイジ、その父Roderic O'Connorという血統。