中山、中京開催も前半戦が終了。先週の中京芝2000m新馬戦を勝ったディープインパクト産駒のトゥデイイズザデイ(栗東・池江泰寿厩舎)をはじめ、今後が楽しみな馬たちが続々と勝ち上がっている。

 今週、来週は2歳のオープン特別が組まれているが、クラシック路線という意味では、野路菊S(9月25日・中京芝2000m)と芙蓉S(10月2日・中山芝2000m)が注目されるだろう。

 野路菊Sには全兄に京都2歳Sを勝ったベルラップのいるグーデンドラーク(栗東・池添学厩舎)や小倉芝2000mの新馬戦で2着に5馬身差の圧勝だったマテンロウスカイ(栗東・松永幹夫厩舎)が出走を予定。芙蓉Sには小倉芝1800mの新馬戦を勝ったキタサンブラック産駒のドグマ(栗東・武幸四郎厩舎)などが出走を予定している。

【9月25日(土) 中京ダート1400m】

◆ラニカイ(牝、父ラニ、母コンプリカーター、栗東・松永幹夫厩舎)

 半兄に2015年、2016年のオーバルスプリントを連覇したレーザーバレット(父ブライアンズタイム)がいて、父は米三冠レースに出走した新種牡馬ラニ。父の産駒はJRAで勝つことができていないものの、中京ダート1800mの新馬戦で4着だったグレッチャー(栗東・安田隆行厩舎)など、勝利まであと少しというレース内容だった馬もいるだけに、そろそろという期待も湧いてくる。

 本馬について「母方の血統は気性が激しいと聞いていて、それにラニですから、どんなに大変かと思っていたんですが、すごく扱いやすくて素直な馬ですね」と松永幹夫調教師。栗東では坂路とCWを併用して乗り込まれているが、CWでの動きは併せた相手に遅れる内容が続いた。ただ、相手が動いたということもあるだけに、最終追い切りでどんな動きを見せるか注目したい。鞍上は武豊騎手が予定されている。

【9月25日(土) 中京芝1400m】

◆ヴァレッタカズマ(牡、父ミッキーアイル、母ティッカーコード、栗東・安田隆行厩舎)

 半姉に新馬、クローバー賞を連勝したオータムレッド(父ワールドエース)がおり、母系には2017年青葉賞2着ベストアプローチ(父New Approach)がいるという血統。本馬は2020年セレクトセール1歳にて、8200万円で落札されている。

 安田隆行調教師は「最初に栗東へ入厩したのが8月12日。この時はゲート試験に合格して、すぐに放牧へ出しましたが、当時はまだ頼りない感じ。それが9月1日にノーザンFしがらきから戻ってきて、調教を進めている現在はいい感じですね」と手応えが出てきた様子。9月16日のCWでは、レースでも騎乗予定の川田将雅騎手が跨って、古馬2勝クラスを追走して先着。しっかりと動けており、非常に楽しみな状態に仕上がっている。

【9月26日(日) 中京芝2000m】

◆セレブレイトガイズ(牡、父ハービンジャー、母ライフフォーセール、栗東・友道康夫厩舎)

 半姉に阪神JFでGIを制したダノンファンタジー(父ディープインパクト)がおり、本馬は2019年セレクトセール当歳にて、2億2000万円で落札された、今年のPOGでも注目を集めたハービンジャー産駒。

 7月8日にノーザンFしがらきから栗東へ入厩し、その時はゲート試験に合格して放牧。8月21日に栗東へ再入厩してからは坂路とCWを併用して、しっかりと乗り込まれている。9月16日のCWでは、レースで騎乗予定の福永祐一騎手が跨り、マイラプソディ、新馬2着ダンテスヴューを追走する3頭併せ。ゴール前では劣勢だったが、少し反応が鈍かっただけで、ゴールを過ぎたところでは前に並びかけていた。追うごとに動きは良くなっている印象を受けるだけに、最終追い切りの動きにも注目したい。

◆ミクロユニヴェール(牝、父モーリス、母エクレールアンジュ、栗東・池添学厩舎)

 祖母はアドマイヤキラメキということで、おじに2014年チャレンジCを勝ったトーセンスターダム(父ディープインパクト)やおばに2020年オールカマーを勝ったセンテリュオ(父ディープインパクト)など、重賞ウイナーがいる血統。

 本馬は6月10日に栗東へ入厩し、7月1日にゲート試験を合格。その後、ノーザンFしがらきへリフレッシュ放牧に出て、9月3日に再入厩。8日には坂路で4F53.4秒をマークし、15日にはCWで併せ馬を消化、6F83.4秒をマークしている。鞍上は藤懸貴志騎手が予定されている。

(取材・文:井内利彰)