23日、浦和競馬場で行われた第32回テレ玉杯オーバルスプリント(3歳上・JpnIII・ダ1400m・1着賞金2100万円)は、2番手でレースを進めた岩田康誠騎手騎乗の2番人気テイエムサウスダン(牡4、栗東・飯田雄三厩舎)が、3コーナーで先頭に立ってゴールまで押し切り、中団前から追い込んだ5番人気ティーズダンク(牡4、浦和・水野貴史厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分24秒6(良)。

 さらに5馬身差の3着に、逃げ粘った3番人気アランバローズ(牡3、船橋・林正人厩舎)が入った。なお、1番人気ラプタス(セ5、栗東・松永昌博厩舎)は10着に終わった。

 勝ったテイエムサウスダンは、父サウスヴィグラス、母ムービングアウト、その父Langfuhrという血統。3月の黒船賞以来、通算3度目のダートグレード競走制覇を果たした。