2日、中山競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・ダ1200m・16頭)は、好位のインでレースを進めた菊沢一樹騎手騎乗の4番人気アイヴォリードレス(牝2、美浦・菊沢隆徳厩舎)が、逃げ粘る3番人気ルプランドル(牝2、美浦・萱野浩二厩舎)を直線半ばで捕え、最後はこれを5馬身差突き放して優勝した。勝ちタイムは1分11秒4(稍重)。

 さらに2馬身差の3着に9番人気ミルトクリーガー(牡2、栗東・中竹和也厩舎)が入った。なお、1番人気ネコニャンニャン(牝2、美浦・加藤征弘厩舎)は4着、2番人気クルールデュヴァン(牝2、美浦・竹内正洋厩舎)は5着に終わった。

 勝ったアイヴォリードレスは、父イスラボニータ、母アイヴォリーカラー、その父クロフネという血統。半姉に11年の関東オークス勝ち馬カラフルデイズがいる。