3日、盛岡競馬場で行われた第34回ダービーグランプリ(3歳・重賞・ダ2000m・1着賞金2000万円)は、好位集団の後ろでレースを進めた和田譲治騎手騎乗の8番人気ギガキング(牡3、船橋・稲益貴弘厩舎)が、直線で先頭に立つと、外から併せてきた2番人気ジョエル(牡3、船橋・張田京厩舎)を振り切って、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分06秒8(稍重)。

 さらに5馬身差の3着に3番人気セイカメテオポリス(牡3、大井・渡辺和雄厩舎)が入った。なお、1番人気ギャルダル(牡3、船橋・川島正一厩舎)は11着に終わった。

 勝ったギガキングは、父キングヘイロー、母ウルフコール、その父バブルガムフェローという血統。5月の東京湾C以来、通算3度目の重賞制覇を飾った。