現地時間10月3日にフランスのパリロンシャン競馬場で行われる第100回凱旋門賞(3歳上・牡牝・G1・芝2400m・1着賞金285万7000ユーロ)に出走するタルナワ(Tarnawa、牝5、愛・D.ウェルド厩舎)。

 同馬は父Shamardal、母Tarana、母の父Cape Crossという血統の愛国産馬。オーナーはアガ・カーン殿下。通算成績は16戦9勝。

 2018年7月にデビューし、勝ち上がりに4戦を要したが、2019年5月のブルーウィンドS(愛G3)で重賞初制覇。その後、重賞3勝を上積みし、昨秋のヴェルメイユ賞(仏G1)でG1初制覇。さらに凱旋門賞当日に行われたオペラ賞(仏G1)を制すると、アメリカまで渡り、勢いそのままにBCターフ(米G1)も勝利し、G1・3連勝を達成した。

 今年初戦となった8月のバリーローンS(愛G3)では、60.5キロという酷量を背負いながら2着に6.1/2馬身差の圧勝。続く愛チャンピオンS(愛G1)でも60キロを背負いつつ、今年のフランス2冠馬セントマークスバシリカの2着と、目下の充実ぶりではメンバー屈指の存在といえる。

 凱旋門賞では昨年、ヴェルメイユ賞とオペラ賞を制した際のパートナー、C.スミヨン騎手が手綱をとり、中間では各ブックメーカーで1番人気に推されていたほどの実力馬だけに、牝馬優勢の凱旋門賞では見逃せない一頭といえる。