13日、川崎競馬場で行われた第20回鎌倉記念(2歳・重賞・ダ1500m・1着賞金1500万円)は、先団外目でレースを進めた笹川翼騎手騎乗の4番人気シルトプレ(牡2、北海道・桜井拓章厩舎)が、直線で先頭に立って押し切り、外から迫った1番人気ママママカロニ(牡2、大井・森下淳平厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒9(稍重)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に2番人気ノブレスノア(牡2、浦和・小久保智厩舎)が入った。なお、3番人気プリサイスニードル(牡2、北海道・堂山芳則厩舎)は4着に終わった。

 勝ったシルトプレは、父ワールドエース、母エアディケム、その父フレンチデピュティという血統。南関東初参戦のここで重賞初制覇を飾った。通算成績はこれで5戦4勝。

 2着以内に入ったシルトプレとママママカロニは、12月15日に川崎競馬場で行われる全日本2歳優駿の優先出走権を獲得した。