現地時間16日、イギリスのアスコット競馬場でG1・英チャンピオンズフィリーズ&メアズステークス(3歳上牝・芝2390m・8頭立て)が行われた。

 道中は3番手を進んだ4番人気エシャーダ(Eshaada、牝3、J.クローリー騎手)と、これをマークする位置を進んだ2番人気アルバフローラ(Albaflora、牝4、R.ライアン騎手)が直線で外から進出し、一騎打ちの態勢に。

 ゴール前まで繰り広げられた追い比べをエシャーダが短頭差で制した。勝ちタイムは2分34秒05(稍重)。

 単勝1倍台の1番人気に支持されたディープインパクト産駒スノーフォール(Snowfall、牝3、R.ムーア騎手)は、後方から先に抜け出した2頭を追ったが前を脅かすには至らず、アルバフローラから3.1/2馬身差の3着に敗れた。

 エシャーダは父がDanzig系のMuhaarar、母Muhawalah、母の父Nayefという血統。イギリスのR.ヴェリアン厩舎の管理馬。

 通算成績は5戦3勝で、これが重賞初制覇。前走はスノーフォールが勝ったヨークシャーオークス(英G1)で7頭立て7着だったが、一気に巻き返してのG1戴冠となった。