現地時間16日、イギリスのアスコット競馬場でG1・クイーンエリザベス2世ステークス(3歳上・芝直線1600m・10頭立て)が行われた。

 道中は好位を進んだ1番人気パレスピア(Palace Pier、牡4、L.デットーリ騎手)と、その1列後ろ、これを見る位置を進んだ2番人気バーイード(Baaeed、牡3、J.クローリー騎手)がラスト200m付近から抜け出し、2頭の一騎打ちの態勢。

 勢いで勝るのは外の新星バーイード。欧州マイル王者パレスピアも懸命に内で粘りを見せるが抗しきれず、バーイードがクビ差をつけて先着を果たした。勝ちタイムは1分42秒57(稍重)。

 バーイードは父Sea The Stars、母Aghareed、母の父Kingmamboという血統。イギリスのW.ハガス厩舎の管理馬。重賞は2走前のサラブレッドS(英G3)、前走のムーランドロンシャン賞(仏G1)に続き3勝目。通算成績は6戦6勝。

 鞍上のジム・クローリー騎手、オーナーのShadwell Estate Company Ltdは、1つ前の英チャンピオンズフィリーズ&メアズSをエシャーダで制したのに続き、G1連勝となった。