現地時間16日、イギリスのアスコット競馬場でG1・チャンピオンステークス(3歳上・芝1990m・9頭立て)が行われた。

 道中は好位を進んだ5番人気シリウェイ(Sealiway、牡3、M.バルザローナ騎手)が直線に向いて先頭に立ち、後方から追い込んだ3番人気ドバイオナー(Dubai Honour、セ3、J.ドイル騎手)の追撃も退け、3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分08秒31(稍重)。

 ドバイオナーから1.1/2馬身差の3着には7番人気タイのマックスウィニー(Mac Swiney、牡3、K.マニング騎手)が入り、3歳馬が上位を独占。

 前走インターナショナルS(英G1)を6馬身差で圧勝した1番人気ミシュリフ(Mishriff、牡4、D.イーガン騎手)は4着。シリウェイと同じく凱旋門賞(仏G1)から中1週で参戦した2番人気アダイヤー(Adayar、牡3、W.ビュイック騎手)は5着に敗れた。

 シリウェイは父Galiway(その父Galileo)、母Kensea、母の父Kendargentという血統。フランスのC.ロッシ厩舎の管理馬。

 重賞は昨年のジャンリュックラガルデール賞(仏G1)以来、2勝目。前走の凱旋門賞はF.ブロンデル騎手とのコンビで5着だった。通算成績は12戦5勝。