13日、阪神競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・11頭)は、3番手の外に付けたM.デムーロ騎手騎乗の3番人気ホウオウバニラ(牝2、栗東・安田翔伍厩舎)が、直線で先頭に立って後続を振り切り、2着の4番人気クレエンシア(牝2、栗東・斉藤崇史厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒4(良)。

 さらにハナ差の3着に1番人気アーティット(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が入った。なお、2番人気トラーパニ(牝2、栗東・上村洋行厩舎)は4着に終わった。

 勝ったホウオウバニラは、父ドゥラメンテ、母バランセラ、その父Acatenangoという血統。半姉に16年のオークス3着馬ビッシュがいる。