20日、福島競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・12頭)は、先手を取った原優介騎手騎乗の3番人気タイラーテソーロ(牡2、美浦・栗田徹厩舎)が、直線でも先頭で粘り、外から1番人気パープルグローリー(牝2、栗東・牧浦充徳厩舎)が迫るともう一伸びして、これをクビ差振り切って優勝した。勝ちタイムは1分52秒8(良)。

 さらに1/2馬身差の3着に5番人気ソフィーズチョイス(牝2、美浦・和田勇介厩舎)が入った。なお、2番人気ラールブル(牡2、美浦・池上昌和厩舎)は8着に終わった。

 勝ったタイラーテソーロは、父ゴールドシップ、母ノウ、その父ストリートクライという血統。