20日、阪神競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1400m・15頭)は、中団でレースを進めた鮫島克駿騎手騎乗の5番人気カイハオン(牡2、栗東・松下武士厩舎)が、直線で内を突いて抜け出し、追い込んだ1番人気ルピナスリード(牝2、栗東・吉岡辰弥厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分22秒4(良)。

 さらに1.1/4馬身差の3着に3番人気アルマイメル(牡2、栗東・武英智厩舎)が入った。なお、2番人気フィリップスベア(牡2、栗東・新谷功一厩舎)は7着に終わった。

 勝ったカイハオンは、父イスラボニータ、母カラフルマーメイド、その父ハービンジャーという血統。セレクトセールにて3348万円で取引された。