21日、阪神競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・8頭)は、4番手から前との差を詰めた川田将雅騎手騎乗の1番人気セレシオン(牡2、栗東・友道康夫厩舎)が、直線に入って抜け出し、最後は2着の6番人気ディライトバローズ(牡2、栗東・杉山晴紀厩舎)に3.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分01秒9(良)。

 さらに1.1/2馬身差の3着に3番人気トランソニック(牡2、栗東・武英智厩舎)が入った。なお、2番人気キタサンユーダイ(牡2、栗東・清水久詞厩舎)は4着に終わった。

 勝ったセレシオンは、父ハーツクライ、母クルソラ、その父Candy Stripesという血統。きょうだいにJRA6勝のピオネロや、15年のオークス3着馬クルミナルがいる。