27日、阪神競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1600m・13頭)は、好スタートから好位に控えた幸英明騎手騎乗の8番人気サク(牝2、栗東・北出成人厩舎)が、直線で内を突いて抜け出し、外から追った5番人気レオンバローズ(牡2、栗東・渡辺薫彦厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分37秒7(良)。

 さらにクビ差の3着に1番人気セルケト(牝2、栗東・斉藤崇史厩舎)が入った。なお、2番人気コイニオチテ(牡2、栗東・森秀行厩舎)は5着、3番人気オーラライト(牝2、栗東・西村真幸厩舎)は7着に終わった。

 勝ったサクは、父リオンディーズ、母コパノマルコリーニ、その父マヤノトップガンという血統。きょうだいにJRA5勝のサイモンラムセスなどがいる。