登録に前走3着以内が1頭しかいない混戦模様だが、オセアグレイトに注目したい。昨年勝利した舞台で巻き返しなるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■12/4(土) ステイヤーズS(3歳上・GII・中山芝3600m)

 オセアグレイト(牡5、美浦・菊川正達厩舎)は昨年の同レース覇者で、他に昨年のダイヤモンドSで3着もあるステイヤー。前走の京都大賞典は休み明けであることを踏まえれば、0秒4差の6着は悪くない。一叩きして距離延長のここで巻き返しを期待したい。鞍上は横山典弘騎手。

 カウディーリョ(牡5、美浦・堀宣行厩舎)はきょうだいにディアデラマドレなど重賞活躍馬が多くいる血統で、前走の丹頂Sでオープン初勝利。登録メンバーで前走3着以内に好走したのは当馬だけであり勢いは抜けている。今回は距離が前走から1000m伸びる点が課題となるが、こなして重賞初制覇なるか。

 その他、2走前の丹頂Sで2着だったボスジラ(牡5、美浦・国枝栄厩舎)、長期休養明け2走目となる昨年の青葉賞2着馬ヴァルコス(牡4、栗東・友道康夫厩舎)、アルゼンチン共和国杯で6着だったアイアンバローズ(牡4、栗東・上村洋行厩舎)、重賞2勝馬セダブリランテス(牡7、美浦・手塚貴久厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。