19日、阪神競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝2000m・10頭)は、先手を取ったC.デムーロ騎手騎乗の2番人気エアアネモイ(牡2、栗東・池添学厩舎)が、直線で馬場の真ん中に出されてゴールまで押し切り、内を突いた6番人気メイショウフィガロ(牡2、栗東・高橋義忠厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分05秒6(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に1番人気イスラグランデ(牡2、栗東・西園正都厩舎)が入った。なお、3番人気ケイアイスペース(セ2、栗東・西村真幸厩舎)は6着に終わった。

 勝ったエアアネモイは、父Point of Entry、母Nokaze、その父エンパイアメーカーという血統の米国産馬。きょうだいに昨年の東海S覇者エアアルマスなどがいる。