19日、中山競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・ダ1200m・16頭)は、好位のインでレースを進めた横山武史騎手騎乗の1番人気スコラーリ(牡2、美浦・萩原清厩舎)が、直線で外に出され、先に抜け出した3番人気ペイシャクィンビー(牝2、美浦・本間忍厩舎)を差し切って、これに3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分12秒7(稍重)。

 さらに7馬身差の3着に5番人気ハクサンパール(牝2、美浦・新開幸一厩舎)が入った。なお、2番人気ラブレボ(牝2、美浦・林徹厩舎)は9着に終わった。

 勝ったスコラーリは、父トゥザワールド、母ヒカリヴィグラス、その父サウスヴィグラスという血統。

 鞍上の横山武史はこの勝利で、自身初、今年5人目のJRA年間100勝を達成した。