23日、名古屋競馬場で行われた第21回名古屋グランプリ(3歳上・JpnII・ダ2500m・1着賞金3200万円)は、先団の後ろで脚を溜めていった横山武史騎手騎乗の1番人気ヴェルテックス(牡4、栗東・吉岡辰弥厩舎)が、直線で抜け出し、最後は2着の2番人気ケイアイパープル(牡5、栗東・村山明厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分45秒4(稍重)。

 さらに4馬身差の3着に4番人気ダンビュライト(セ7、栗東・音無秀孝厩舎)が入った。なお、3番人気ライトウォーリア(牡4、栗東・高野友和厩舎)は8着に終わった。

 勝ったヴェルテックスは、父ジャスタウェイ、母シーイズトウショウ、その父サクラバクシンオーという血統。今年5月以来の勝ち星にして重賞初制覇となった。鞍上の横山武史騎手はダート重賞初勝利。