中央競馬の1年を締めくくる大一番。コーナーを6回まわる中山競馬場2500mコースを舞台に、これまで多くの名勝負が生まれてきた。

 定量戦で行われるGI競走だけに過去10年間で1番人気馬は1着6回2着1回3着1回。馬券に絡まなかったのはわずか2頭という堅調レースだ。年齢別では3歳馬と5歳馬が4勝ずつ。6歳以上馬は連対の対象にはなっていない。

 ◎エフフォーリアは皐月賞、天皇賞・秋の優勝馬。ダービーはハナ差2着で、それ以外は負けていない。皐月賞は半マイル通過が48.2秒で、レースの上がりタイムが37.0秒。同様にダービーは48.0秒→33.9秒。天皇賞・秋は48.2秒→33.6秒。前半のペースはほぼ同じような時計だが、皐月賞はタフな馬場状態でパワーと底力を求められる競馬で、ダービーと天皇賞・秋ではスピードと瞬発力という求められるものが異なるレースで変わらぬ結果を出し続けてきたことを評価したい。

 〇クロノジェネシスはグランプリレース3連覇中。昨年の宝塚記念、有馬記念は自身36秒台の上がりタイムという競馬だったが、ルメール騎手に乗り替わった今年の宝塚記念では先行馬を見るような位置から、自身34.4秒の末脚で優勝しており、いよいよ完成の域となったようだ。凱旋門賞も負けたとはいえ健闘の部類。海外遠征帰りの帰国初戦だけにやや割引は必要かもしれないが、今年の宝塚記念もドバイシーマクラシック2着からの帰国初戦だった。

 ▲タイトルホルダーは菊花賞馬。弥生賞に勝ち、皐月賞も厳しい流れを乗り越えて2着だった。自分でレースを組み立てられた時の強さは菊花賞で証明されたが、今回はそういった競馬ができるかどうか。外枠はむしろ歓迎だと判断するが、今後を占う試金石にもなりそうな1戦だ。

 エリザベス女王杯を勝って挑む△アカイイト、中山コースを得意としている△アサマノイタズラ、実力馬△ステラヴェローチェと、最後に春の天皇賞2着△ディープボンドの名前も上げておきたい。