25日、阪神競馬場5Rで行われた新馬戦(2歳・芝1800m・14頭)は、先手を取ったC.ルメール騎手騎乗の4番人気ジャスティンカツミ(牡2、栗東・杉山晴紀厩舎)が、先頭を譲らず押し切り、追い込んだ1番人気イヴィステラ(牝2、栗東・友道康夫厩舎)をクビ差振り切って優勝した。勝ちタイムは1分48秒7(良)。

 さらにクビ差の3着に9番人気テーオーアリエス(牝2、栗東・岡田稲男厩舎)が入った。なお、2番人気ノットゥルノ(牡2、栗東・音無秀孝厩舎)は4着、3番人気エヴィダンシア(牡2、栗東・藤原英昭厩舎)は9着に終わった。

 勝ったジャスティンカツミは、父ドゥラメンテ、母フォンタネットポー、その父ダンカークという血統。セレクトセールにて1億4850万円で取引された。