25日、中山競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・ダ1800m・15頭)は、先手を取った津村明秀騎手騎乗の2番人気アローワン(牡2、美浦・鈴木伸尋厩舎)が、後続をどんどん突き放し、最後は2着の3番人気サバンナモンキー(牡2、美浦・相沢郁厩舎)に2.0秒の大差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分54秒3(稍重)。

 さらに7馬身差の3着に6番人気ヒメカミノイタダキ(牡2、美浦・武市康男厩舎)が入った。1番人気タイタンステップス(牡2、美浦・尾関知人厩舎)は7着に終わった。

 なお、4番人気クロンマクノイズ(牡2、美浦・手塚貴久厩舎)は、他の馬に関係なくゴール前で競走を中止した。

 勝ったアローワンは、父コパノリッキー、母エーシンミモザ、その父キングカメハメハという血統。