26日、中山競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・芝1600m・16頭)は、中団に取り付いていったC.ルメール騎手騎乗の2番人気ローブエリタージュ(牝2、美浦・手塚貴久厩舎)が、直線で外から差し切りを決め、2着の4番人気ゴーゴーユタカ(牡2、美浦・武井亮厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分37秒6(良)。

 さらに2馬身差の3着に7番人気キラリヒカルゲーム(牝2、美浦・宗像義忠厩舎)が入った。なお、1番人気マンドローネ(牝2、美浦・尾関知人厩舎)は5着、3番人気ルージュエピス(牝2、美浦・小島茂之厩舎)は6着に終わった。

 勝ったローブエリタージュは、父ディープインパクト、母は12年の阪神JF覇者ローブティサージュ、その父ウォーエンブレムという血統。