26日、阪神競馬場6Rで行われた新馬戦(2歳・芝1400m・18頭)は、大外18番枠から先手を取った鮫島克駿騎手騎乗の5番人気シーズザデイ(牡2、栗東・川村禎彦厩舎)が、そのままゴールまで押し切り、2着の6番人気ニューノーマル(牝2、栗東・武幸四郎厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分23秒1(良)。

 さらにアタマ差の3着に4番人気ダンツキタイ(牝2、栗東・谷潔厩舎)が入った。なお、3番人気デミ(牝2、栗東・小林真也厩舎)は4着、2番人気スマートオリーブ(牝2、栗東・矢作芳人厩舎)は6着、1番人気シエル(牝2、栗東・安田翔伍厩舎)は10着に終わった。

 勝ったシーズザデイは、父ドゥラメンテ、母ラーチャプルック、その父マーベラスサンデーという血統。