28日に中山競馬場で行われる、第38回ホープフルS(2歳・牡牝・GI・芝2000m・1着賞金7000万円)の枠順が26日確定した。

 デビュー2連勝でサウジアラビアRCを制したコマンドライン(牡2、美浦・国枝栄厩舎)は4枠6番からのスタートとなった。

 また、2走前の小倉芝2000mをレコードで圧勝したキラーアビリティ(牡2、栗東・斉藤崇史厩舎)は3枠5番、札幌2歳S・2着以来となるアスクワイルドモア(牡2、栗東・藤原英昭厩舎)は8枠15番に入った。

 その他、デビュー2連勝中のエイシンフラッシュ産駒オニャンコポン(牡2、美浦・小島茂之厩舎)は7枠12番、黄菊賞を押し切ったジャスティンパレス(牡2、栗東・杉山晴紀厩舎)は5枠8番、2戦連続レコード勝ちのサトノヘリオス(牡2、栗東・友道康夫厩舎)は4枠7番となっている。発走は15時25分。枠順は以下の通り。

 ( )内は性齢、騎手・調教師

1-1 シェルビーズアイ(牡2、松田大作・武英智)
2-2 アケルナルスター(牡2、柴田大知・清水英克)
2-3 ラーグルフ(牡2、丸田恭介・宗像義忠)
3-4 グランドライン(牡2、三浦皇成・高木登)
3-5 キラーアビリティ(牡2、横山武史・斉藤崇史)
4-6 コマンドライン(牡2、C.ルメール・国枝栄)
4-7 サトノヘリオス(牡2、岩田望来・友道康夫)
5-8 ジャスティンパレス(牡2、C.デムーロ・杉山晴紀)
5-9 ボーンディスウェイ(牡2、石橋脩・牧光二)
6-10 マテンロウレオ(牡2、横山典弘・昆貢)
6-11 クラウンドマジック(牡2、岩田康誠・加用正)
7-12 オニャンコポン(牡2、菅原明良・小島茂之)
7-13 フィデル(牡2、川田将雅・友道康夫)
8-14 タイラーテソーロ(牡2、内田博幸・栗田徹)
8-15 アスクワイルドモア(牡2、武豊・藤原英昭)

※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。