26日、阪神競馬場で行われたりんくうS(3歳上・OP・ダ1200m)は、2番手でレースを進めた秋山真一郎騎手騎乗の6番人気オーロラテソーロ(牡4、美浦・畠山吉宏厩舎)が、直線に入って抜け出し、最後は2着の2番人気サダムスキャット(牝4、栗東・中尾秀正厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分10秒7(良)。

 さらにクビ差の3着に4番人気エアアルマス(牡6、栗東・池添学厩舎)が入った。なお、3番人気レシプロケイト(牡5、栗東・鮫島一歩厩舎)は6着、1番人気サイクロトロン(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)は8着に終わった。

 勝ったオーロラテソーロは、父Malibu Moon、母For Passion、その父Not for Loveという血統の米国産馬。ここ2戦は2桁着順に敗れていたが、変わり身を見せてオープン初勝利を飾った。通算成績はこれで23戦5勝。