2021年も多くの名勝負が繰り広げられたJRA・GI。ここでは今年最初のGI・フェブラリーSから上半期の総決算・宝塚記念までを振り返る。

■2月21日 フェブラリーS(東京・ダ1600m)
優勝馬:カフェファラオ(牡3、C.ルメール騎手、美浦・堀宣行厩舎)
 好位につけたC.ルメール騎手騎乗の1番人気カフェファラオが、最後の直線で外に持ち出して抜け出し、2着の9番人気エアスピネル(牡8、栗東・笹田和秀厩舎)に3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分34秒4(良)。

■3月28日 高松宮記念(中京・芝1200m)
優勝馬:ダノンスマッシュ(牡6、川田将雅騎手、栗東・安田隆行厩舎)
 後方に控えた川田将雅騎手騎乗の2番人気ダノンスマッシュが、馬群を割りながら差し脚を伸ばし、2着の1番人気レシステンシア(牝4、栗東・松下武士厩舎)との叩き合いを制してクビ差で優勝した。勝ちタイムは1分09秒2(重)。

■4月4日 大阪杯(阪神・芝2000m)
優勝馬:レイパパレ(牝4、川田将雅騎手、栗東・高野友和厩舎)
 スタートから逃げた川田将雅騎手騎乗の2番人気レイパパレが、直線に入って他馬との差を広げ、最後に追い込んできた2着の6番人気モズベッロ(牡5、栗東・森田直行厩舎)に4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分01秒6(重)。

■4月11日 桜花賞(阪神・芝1600m)
優勝馬:ソダシ(牝3、吉田隼人騎手、栗東・須貝尚介厩舎)
 好位でレースを進めた吉田隼人騎手騎乗の2番人気ソダシが、直線で早目に先頭に立つと、後方から猛追してきた2着の1番人気サトノレイナス(牝3、美浦・国枝栄厩舎)をクビ差しのいで優勝した。勝ちタイムは1分31秒1(良)。

■4月17日 中山グランドジャンプ(中山・障害4250m)
優勝馬:メイショウダッサイ(牡8、森一馬騎手、栗東・飯田祐史厩舎)
 道中は中団につけた森一馬騎手騎乗の1番人気メイショウダッサイが、直線の最終障害を飛越後に後続を突き放し、2着の5番人気ケンホファヴァルト(牡8、栗東・森秀行厩舎)に4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは4分50秒1(良)。

■4月18日 皐月賞(中山・芝2000m)
優勝馬:エフフォーリア(牡3、横山武史騎手、美浦・鹿戸雄一厩舎)
 好位の内でレースを進めた横山武史騎手騎乗の2番人気エフフォーリアが、直線で内をついて抜け出すとその後は後続を引き離し、2着の8番人気タイトルホルダー(牡3、美浦・栗田徹厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分00秒6(稍重)。

■5月2日 天皇賞・春(阪神・芝3200m)
優勝馬:ワールドプレミア(牡5、福永祐一騎手、栗東・友道康夫厩舎)
 道中は中団に控えた福永祐一騎手騎乗の3番人気ワールドプレミアが、最後の直線で外を回して進出を開始し、内でしぶとく食い下がった2着の1番人気ディープボンド(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)に3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは3分14秒7(良)。

■5月9日 NHKマイルC(東京・芝1600m)
優勝馬:シュネルマイスター(牡3、C.ルメール騎手、美浦・手塚貴久厩舎)
 中団でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の2番人気シュネルマイスターが、大外から差し脚を伸ばし、早めに抜け出した2着の7番人気ソングライン(牝3、美浦・林徹厩舎)をハナ差捕らえて優勝した。勝ちタイムは1分31秒6(良)。

■5月16日 ヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)
優勝馬:グランアレグリア(牝5、C.ルメール騎手、美浦・藤沢和雄厩舎)
 道中は中団に控えたC.ルメール騎手騎乗の1番人気グランアレグリアが、最後の直線で鋭く伸びて他馬を突き放し、2着の10番人気ランブリングアレー(牝5、栗東・友道康夫厩舎)に4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分31秒0(良)。

■5月23日 オークス(東京・芝2400m)
優勝馬:ユーバーレーベン(牝3、M.デムーロ騎手、美浦・手塚貴久厩舎)
 道中は後方でレースを進めたM.デムーロ騎手騎乗の3番人気ユーバーレーベンが、直線で外に持ち出して力強く伸び、2着の2番人気アカイトリノムスメ(牝3、美浦・国枝栄厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分24秒5(良)。

■5月30日 日本ダービー(東京・芝2400m)
優勝馬:シャフリヤール(牡3、福永祐一騎手、栗東・藤原英昭厩舎)
 中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の4番人気シャフリヤールが、最後の直線で馬群の間から突き抜け、先に抜け出した2着の1番人気エフフォーリア(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)をハナ差捕らえて優勝した。勝ちタイムは2分22秒5(良)。

■6月6日 安田記念(東京・芝1600m)
優勝馬:ダノンキングリー(牡5、川田将雅騎手、美浦・萩原清厩舎)
 道中は中団に控えた川田将雅騎手騎乗の8番人気ダノンキングリーが、直線で外から脚を伸ばして、内で馬群を捌いてきた1番人気グランアレグリア(牝5、美浦・藤沢和雄厩舎)との追い比べをアタマ差制して優勝した。勝ちタイムは1分31秒7(良)。

■6月27日 宝塚記念(阪神・芝2200m)
優勝馬:クロノジェネシス(牝5、C.ルメール騎手、栗東・斉藤崇史厩舎)
 好位でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気クロノジェネシスが、直線で前を交わして抜け出し、逃げてしぶとさを見せた7番人気ユニコーンライオン(牡5、栗東・矢作芳人厩舎)に2.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分10秒9(良)。