2021年も幾多の名勝負が繰り広げられたJRA・GI。ここでは秋GIの開幕を告げたスプリンターズSから最終日を飾ったホープフルSまでを振り返る。

■10月3日 スプリンターズS(中山・芝1200m)
優勝馬:ピクシーナイト(牡3、福永祐一騎手、栗東・音無秀孝厩舎)
 3番手の内でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の3番人気ピクシーナイトが、ゴール前で抜け出すと、最後は外から追った2番人気レシステンシア(牝4、栗東・松下武士厩舎)を2馬身差突き放して優勝した。勝ちタイムは1分7秒1(良)。

■10月17日 秋華賞(阪神・芝2000m)
優勝馬:アカイトリノムスメ(牝3、戸崎圭太騎手、美浦・国枝栄厩舎)
 好位の後ろでレースを進めた戸崎圭太騎手騎乗の4番人気アカイトリノムスメが、ゴール前で抜け出し、中団後方追走から追い込んだ2番人気ファインルージュ(牝3、美浦・岩戸孝樹厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分1秒2(良)。

■10月24日 菊花賞(阪神・芝3000m)
優勝馬:タイトルホルダー(牡3、横山武史騎手、美浦・栗田徹厩舎)
 先手を取った横山武史騎手騎乗の4番人気タイトルホルダーが、直線で後続を寄せ付けずにゴールまで逃げ切り、2着の3番人気オーソクレース(牡3、美浦・久保田貴士厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分4秒6(良)。

■10月31日 天皇賞・秋(東京・芝2000m)
優勝馬:エフフォーリア(牡3、横山武史騎手、美浦・鹿戸雄一厩舎)
 好位の後ろでレースを進めた横山武史騎手騎乗の3番人気エフフォーリアが、直線で外から堂々先頭に立ち、中団から追い込んだ1番人気コントレイル(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)に1馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分57秒9(良)。

■11月14日 エリザベス女王杯(阪神・芝2200m)
優勝馬:アカイイト(牝4、幸英明騎手、栗東・中竹和也厩舎)
 序盤は後方に位置した幸英明騎手騎乗の10番人気アカイイトが、3〜4コーナーで外を回って追い上げるとその勢いのまま直線で先頭に立ち、最後は外から追い込んだ7番人気ステラリア(牝3、栗東・斉藤崇史厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分12秒1(良)。

■11月21日 マイルCS(阪神・芝1600m)
優勝馬:グランアレグリア(牝5、C.ルメール騎手、美浦・藤沢和雄厩舎)
 中団後方でレースを進めたC.ルメール騎手騎乗の1番人気グランアレグリアが、直線で外から各馬を差し切り、馬群の間を割って伸びた2番人気シュネルマイスター(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分32秒6(良)。

■11月28日 ジャパンC(東京・芝2400m)
優勝馬:コントレイル(牡4、福永祐一騎手、栗東・矢作芳人厩舎)
 中団でレースを進めた福永祐一騎手騎乗の1番人気コントレイルが、直線で馬場の真ん中から突き抜け、一旦は抜け出していた3番人気オーソリティ(牡4、美浦・木村哲也厩舎)に2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分24秒7(良)。

■12月5日 チャンピオンズC(中京・ダ1800m)
優勝馬:テーオーケインズ(牡4、松山弘平騎手、栗東・高柳大輔厩舎)
 好位の後ろでレースを進めた松山弘平騎手騎乗の1番人気テーオーケインズが、直線で抜け出すと一気に後続を突き放し、最後は中団後方から脚を伸ばした3番人気チュウワウィザード(牡6、栗東・大久保龍志厩舎)に6馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分49秒7(良)。

■12月12日 阪神JF(阪神・芝1600m)
優勝馬:サークルオブライフ(牝2、M.デムーロ騎手、美浦・国枝栄厩舎)
 後方からの競馬となったM.デムーロ騎手騎乗の3番人気サークルオブライフが、直線で外から前の各馬を差し切り、中団追走から内目をしぶとく伸びた8番人気ラブリイユアアイズ(牝2、美浦・黒岩陽一厩舎)に1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒8(良)。

■12月19日 朝日杯FS(阪神・芝1600m)
優勝馬:ドウデュース(牡2、武豊騎手、栗東・友道康夫厩舎)
 中団でレースを進めた武豊騎手騎乗の3番人気ドウデュースが、直線で外から脚を伸ばし、一旦は抜け出た1番人気セリフォス(牡2、栗東・中内田充正厩舎)を差し切って、これに1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分33秒5(良)。

■12月25日 中山大障害(中山・障害4100m)
優勝馬:オジュウチョウサン(牡10、石神深一騎手、美浦・和田正一郎厩舎)
 好位で障害を飛越していった石神深一騎手騎乗の2番人気オジュウチョウサンが、最終向こう正面で先頭に立ち、迫る10番人気ブラゾンダムール(牡6、栗東・松永幹夫厩舎)を振り切って、最後はこれを3馬身差突き放して優勝した。勝ちタイムは4分46秒6(稍重)。

■12月26日 有馬記念(中山・芝2500m)
優勝馬:エフフォーリア(牡3、横山武史騎手、美浦・鹿戸雄一厩舎)
 縦長の馬群の中団から徐々に進出した横山武史騎手騎乗の1番人気エフフォーリアが、直線半ばで抜け出し、内から伸びた5番人気ディープボンド(牡4、栗東・大久保龍志厩舎)に3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分32秒0(良)。

■12月28日 ホープフルS(中山・芝2000m)
優勝馬:キラーアビリティ(牡2、横山武史騎手、栗東・斉藤崇史厩舎)
 3番手でレースを進めた横山武史騎手騎乗の2番人気キラーアビリティが、直線で抜け出すと、最後は直後から追っていた4番人気ジャスティンパレス(牡2、栗東・杉山晴紀厩舎)に1.1/2馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分00秒6(良)。