8日、中山競馬場6Rで行われた新馬戦(3歳・芝1600m・16頭)は、単騎逃げから離れた2番手でレースを進めた石橋脩騎手騎乗の1番人気リヴォリ(牝3、栗東・藤原英昭厩舎)が、残り200mで先頭に立つと後続をどんどん突き放し、2着の6番人気フィニッシュムーヴ(牡3、美浦・和田正一郎厩舎)に5馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分35秒7(稍重)。

 さらに1/2馬身差の3着に2番人気ミファヴォリート(牝3、美浦・木村哲也厩舎)が入った。なお、3番人気ディエルメス(牡3、美浦・国枝栄厩舎)は7着に終わった。

 勝ったリヴォリは、父ダイワメジャー、母ラリズ、その父Bernsteinという血統。半兄に昨年の中山記念など重賞2勝のヒシイグアスがいる。