明け4歳アンドヴァラナウトに注目したい。3か月ぶりの休み明けを白星で飾ることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■1/15(土) 愛知杯(4歳上・牝・GIII・中京芝2000m)

 アンドヴァラナウト(牝4、栗東・池添学厩舎)は昨年のローズSで重賞初制覇を飾ると、続く秋華賞でも僅差の3着と活躍した。デビューから一度も3着を外していない安定感が魅力の一つであり、休み明けから勝ち負けを期待できるだろう。鞍上は初コンビの松山弘平騎手。

 マジックキャッスル(牝5、美浦・国枝栄厩舎)は20年の秋華賞2着など3歳時は惜しい競馬が続いていたが、昨年の同レースで重賞初制覇。その後もヴィクトリアマイルで3着など活躍した。前走の府中牝馬Sでは15着と大敗を喫してしまったが、巻き返して連覇なるか。鞍上は初コンビのC.ルメール騎手。

 その他、前走新潟牝馬S(OP)を勝ったマリアエレーナ(牝4、栗東・吉田直弘厩舎)、昨年の阪神牝馬S勝ち馬デゼル(牝5、栗東・友道康夫厩舎)、エリザベス女王杯で4着だったソフトフルート(牝5、栗東・斉藤崇史厩舎)、前走中日新聞杯で3着のシゲルピンクダイヤ(牝6、栗東・渡辺薫彦厩舎)、秋華賞・7着以来のアナザーリリック(牝4、美浦・林徹厩舎)、日経新春杯にも登録があるエリザベス女王杯3着馬クラヴェル(牝5、栗東・安田翔伍厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。