昨年のオークス(英G1)をレース史上最大着差の16馬身差で圧勝するなど、英愛でG1計3勝をあげたスノーフォール(Snowfall、牝4、愛・A.オブライエン厩舎)が、骨盤の故障により安楽死となった。

 英競馬メディア『Racing Post』などが現地時間11日、報じた。

 スノーフォールは父ディープインパクト、母ベストインザワールド、母の父Galileo。伯母に2016年の凱旋門賞馬ファウンドがいる血統。日本のノーザンファームの生産馬(欧州で生産者の基準となる母馬所有者はRoncon, Chelston Ire & Wynatt)。

 昨年のミュージドラS(英G3)で重賞初勝利をあげると、そこからオークス、愛オークス(愛G1)、ヨークシャーオークス(英G1)とG1・3連勝をあげた。通算成績は14戦5勝。

※詳報は後日、改めてお伝えする予定です。