1月29日から2月20日までの第1回東京競馬、1月29日から2月6日までの第1回中京競馬および小倉競馬、2月12日から20日までの第1回阪神競馬、2月12日から27日までの第2回小倉競馬について、入場を開催競馬場の指定席券または入場券をを事前に購入した人に限定する。13日、JRAがホームページで発表した。

 昨年までは指定席券のみの発売だったが、2022年から新たに入場券のネット予約発売を開始。JRAホームページの「入場券ネット予約発売」にて応募可能となっている。

 指定席券はJRAホームページの「指定席ネット予約」から一名につき2席まで、入場券は一名につき4枚までいずれも抽選で購入可能。指定席に残席やキャンセル席がある場合は利用日の15時まで、入場券が所定の発売枚数に達していない場合はご利用前日の23時まで、いずれもJRAのホームページから先着で購入できる。なお、当日の競馬場での指定席券・入場券の発売はない。

 詳細は以下の通り。なお、内容は今後の社会情勢を踏まえ変更となる場合がある。

■開催日時
1月29日(土)〜2月20日(日)
第1回東京競馬
1月29日(土)〜2月6日(日)
第1回中京競馬、第1回小倉競馬
2月12日(土)〜2月20日(日)
第1回阪神競馬
2月12日(土)〜2月27日(日)
第2回小倉競馬

■1日あたりの発売席数
東京競馬場(1/29〜2/13):指定席券9362席、入場券2000枚
東京競馬場(2/19・2/20):指定席券9362席、入場券3000枚
阪神競馬場:指定席券5652席、入場券2000枚
中京競馬場:指定席券3031席、入場券1000枚
小倉競馬場:指定席券3509席、入場券1000枚

(JRAのホームページより)