2018年の阪神ジュベナイルフィリーズなどを制したダノンファンタジー(牝6、栗東・中内田充正厩舎)が1月14日付で競走馬登録を抹消した。同日にJRAが発表した。今後は、北海道苫小牧市のノーザンファーム空港で繁殖馬となる予定。

 ダノンファンタジーは父ディープインパクト、母ライフフォーセール、母の父Not For Saleという血統。

 2018年6月に東京競馬場の2歳新馬戦でデビュー。2戦目で初勝利を挙げると、続くファンタジーSで重賞初制覇。勢いのまま挑んだ阪神ジュベナイルフィリーズでは、3連勝でGI初制覇を飾り、その年のJRA最優秀2歳牝馬に輝いた。

 桜花賞4着、オークス5着、秋華賞8着と無冠に終わったが、昨年引退したグランアレグリア、クロノジェネシス、ラヴズオンリーユーなど、稀に見るハイレベルな世代でしのぎを削った。

 その後、2020年は古馬牝馬重賞を中心に活躍し、ヴィクトリアマイルでは5着に好走。昨年は短距離路線を中心に出走し、スワンSでは1番人気に応え重賞6勝目を挙げていた。連覇がかかっていた暮れの阪神Cがラストラン(3着)となった。

 通算成績は18戦7勝。獲得賞金は4億190万1000円(付加賞含む)。

(JRAのホームページより)