オーソクレースに注目したい。菊花賞以来の休み明けを制して今年の好スタートなるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■1/23(日) アメリカジョッキークラブC(4歳上・GII・中山芝2200m)

 オーソクレース(牡4、美浦・久保田貴士厩舎)は20年のホープフルS2着馬で、骨折による長期休養から復帰して以降もセントライト記念で3着、菊花賞で2着と活躍を続けている。これからもGI戦線で活躍が期待される器なだけに、まずは明け4歳初戦で重賞初制覇といきたいところだ。鞍上はC.ルメール騎手。

 ポタジェ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は昨年1月にオープン入りすると、金鯱賞3着、新潟大賞典2着、毎日王冠3着と重賞で好走。また、"3強"が揃っていた天皇賞(秋)でも前々で立ち回り6着と見せ場を作った。前走よりは相手関係が楽になるここで待望の重賞初制覇なるか。鞍上は川田将雅騎手。

 その他、同舞台のセントライト記念勝ち馬アサマノイタズラ(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)、20年の目黒記念勝ち馬キングオブコージ(牡6、栗東・安田翔伍厩舎)、横山武史騎手と初コンビのボッケリーニ(牡6、栗東・池江泰寿厩舎)、前走のアルゼンチン共和国杯では2番人気だったアンティシペイト(牡5、美浦・国枝栄厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。