先週の日経新春杯と同じ中距離のGII戦。日経新春杯がハンデ戦だったのに対して、こちらは、強い馬が有利な別定重量戦。天皇賞・春や大阪杯などを狙う馬たちにとっての始動戦だが、今年はジャパンダートダービーの覇者キャッスルトップの参戦が興味を引く。

 とはいえ、本命は◎オーソクレースで譲れない。骨折などで春のクラシックは断念したが、菊花賞2着、ホープフルS2着と強い明け4歳世代を代表する1頭だ。GI級を連発しているエピファネイア産駒で、母は宝塚記念でドゥラメンテを負かした名牝。ファミリーには活躍馬がズラリと居並ぶ良血馬だ。まだ5戦のキャリアしかなく、心身ともに完成の域には達していないようだが、その分大事に使われているので、これからも成長の余地がある。

 舞台となる中山芝2200mコースは瞬発力よりも、タフな持久力が求められるコース。セントライト記念は9か月の休み明けということもあって連対を外してしまったが、本質的にこの距離コースが苦手とも思えない。

 〇ポタジェは新潟大賞典2着馬で、金鯱賞、毎日王冠はいずれも3着。オープン入りしてからは左回りを選んだローテーションを歩んでおり、今回は久しぶりの右回り。とはいえ、中山競馬場は新馬勝ちを記録しているコースでもあり、また半姉ルージュバックは同じ中山芝2200mで行われるオールカマーの優勝馬だ。天皇賞・秋では初めて4着以下を経験したが、強力メンバー相手に堂々としたレースだった。あの経験を活かしたい。

 上位2頭がそれぞれ不安を抱えるだけに中日新聞杯勝ち馬▲ボッケリーニにもチャンスがありそうだ。5歳時に本格化し、宝塚記念も勝ったラブリーデイの全弟らしく。4歳12月に重賞初勝利。その後も大きく崩れていない。トップハンデを背負った前走は同情の余地があるものの、ここ数戦は切れ負けしている印象。中山芝2200mコースの舞台を味方にしたい。

 約1年にも及ぶ休み明け2戦目で変わり身を見せた△キングオブコージは目黒記念の優勝馬。この距離コースで3勝クラスを卒業した△スマイル、過去2年このレースで好走している△ラストドラフトと、最後にセントライト記念でソーヴァリアント、オーソクレースらを破った△アサマノイタズラの名前を挙げておきたい。手綱が戻った嶋田騎手の騎乗にも注目だ。