23日、東京競馬場で行われた新緑賞(3歳・1勝クラス・芝2300m)は、好位でレースを進めた横山武史騎手騎乗の3番人気キャルレイ(牡3、美浦・鹿戸雄一厩舎)が、逃げ粘る6番人気ショウナンダール(牡3、美浦・国枝栄厩舎)をゴール寸前で差し切り、これにクビ差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分20秒0(良)。

 さらに1.3/4馬身差の3着に5番人気ゼッフィーロ(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)が入った。なお、1番人気シャーマンズケイブ(牡3、美浦・尾関知人厩舎)は4着、2番人気ジャスティンカツミ(牡3、栗東・杉山晴紀厩舎)は7着に終わった。

 勝ったキャルレイは、父ハービンジャー、母エポキシ、その父ディープインパクトという血統。通算成績はこれで6戦2勝。