北海道帯広市のばんえい十勝は22日、2021年度のばんえい競馬において活躍した競走馬や生産者、騎手などを表彰する『ばんえいアワード2021』各部門の受賞馬・受賞者が決定したことを発表した。

 年度を通じて最も優秀なパフォーマンスを発揮した馬をファン投票を基に選ぶ『ベストホース(帯広市長賞)』は、ばんえいグランプリ・チャンピオンカップの重賞2勝をはじめ年間を通して活躍し、ファン投票でも1位に選ばれたメムロボブサップ(坂本東一厩舎)が選出。

 同じく最も優秀なパフォーマンスを発揮した騎手をファン投票を基に選ぶ『ベストジョッキー(楽天競馬賞)』には、2年連続リーディングを獲得し、メムロボブサップと共に年間通じて活躍を見せた阿部武臣騎手が選出された。

 また、牝馬ながら牡馬混合重賞・ばんえい菊花賞を制したサクラヒメ(今井茂雅厩舎)、重賞5勝を挙げリーディングでも2位に躍進した渡来心路騎手には、それぞれ特別賞が授与される。

『ばんえいアワード2021』の表彰式は30日、帯広競馬場での実施が予定されている。受賞馬・受賞者の一覧は下記のとおり。

◆ベストホース
メムロボブサップ
ファン投票で829票(27.4%・1位)を得票。重賞2勝のみならず軽量戦のスピードスター賞など条件問わず年間通じて活躍。初挑戦の最高峰競走『ばんえい記念(BG1)』でも2着善戦。
◆最優秀2歳馬
キングフェスタ
世代最高峰のBG1競走『イレネー記念』含む世代重賞3勝。世代最多勝&最多収得賞金獲得。
◆最優秀3歳馬
オーシャンウイナー
世代最高峰BG1競走『ばんえいダービー』および一世代上との混合重賞『ポプラ賞』も制覇。
◆最優秀4歳馬
キョウエイリュウ
世代最高峰BG1競走『天馬賞』制覇。世代最多収得賞金獲得。
◆最優秀5歳以上牡馬
メジロゴーリキ
年間通じて古馬重賞で堅実な成績を収め、ばんえい競馬最高峰競走『ばんえい記念』を制覇。最多収得賞金獲得。
◆最優秀牝馬
フォルテシモ
牝馬最高峰のBG1競走『ヒロインズカップ』を制覇。牡馬混合重賞『銀河賞』牝馬重賞『クインカップ』でも3着と健闘。
◆特別賞
サクラヒメ
牡馬混合重賞『ばんえい菊花賞』やBG1競走『ばんえいオークス』をはじめファンに鮮烈な印象を与えた。
渡来心路騎手
強気の騎乗姿勢で今年度重賞初制覇から計5勝を挙げ、リーディング2位(132勝)と躍進。
◆ベストジョッキー
阿部武臣騎手
ファン投票で722票(24.0%・1位)を得票。2年連続リーディング1位(155勝)、騎乗数(1120回)・連対率(27.9%)・収得賞金(8815万9000円)いずれも1位。
◆最優秀生産者
山根福司氏
リーディング2位(49勝)ながら重賞馬やオープンクラスの馬を多く輩出し最多収得賞金獲得。
◆最優秀厩舎
坂本東一厩舎
調教師リーディング1位(126勝)。メムロボブサップ、フォルテシモ、カイセドクターら重賞馬だけでなく幅広く活躍馬を輩出。勝率・連対率もトップでファンの信頼にも応える。

(ばんえい十勝のリリースより)