24日、福島競馬場で行われた雪うさぎ賞(3歳・1勝クラス・芝1200m)は、好位の後ろに控えた松岡正海騎手騎乗の1番人気ウインモナーク(牡3、美浦・奥平雅士厩舎)が、直線で内目を突いて抜け出し、2着の4番人気グランアプロウソ(牡3、栗東・松永幹夫厩舎)に1.3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分09秒9(良)。

 さらにクビ差の3着に12番人気バーニングアイズ(牝3、栗東・森田直行厩舎)が入った。なお、2番人気セリノーフォス(牝3、栗東・本田優厩舎)は4着、3番人気アリシアン(牝3、美浦・加藤征弘厩舎)は5着に終わった。

 勝ったウインモナークは、父ビッグアーサー、母コスモメリー、その父アドマイヤジャパンという血統。通算成績はこれで6戦2勝。