24日、東京競馬場で行われたフローラS(3歳・牝・GII・芝2000m)は、4番手に付けた田辺裕信騎手騎乗の5番人気エリカヴィータ(牝3、美浦・国枝栄厩舎)が、直線で馬の間から伸びると、単騎で逃げた4番人気パーソナルハイ(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)をゴール前で差し切って、これに3/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分00秒4(良)。

 同レースの売り上げは75億3661万4300円で、クールキャットが勝った昨年の74億2828万2300円より、1億833万2000円の増加(前年比101.5%)となった。